副業の税金の申告について

「働き方改革で在宅ワークが取り入れられ、時間ができた。」「何かとお金がいるので、少しでも収入を増やしたい。」などの思いから、副業を始められる方も多いのではないでしょうか。
実際に副業を始めてみたものの、「副業収入の税金は?」「何か申告しないといけないの?」と「税金」について疑問に思われている方もいるのではないでしょうか。
そこで副業収入の税金について簡単に説明します。

結論としては、副業の給与所得が20万円以上になる場合は、確定申告が必要です。

そもそも、所得税とは1年間の所得に課される税金のことで、必ず納める必要があります。
企業に勤めている会社員の場合は、会社が給与から事前に税金を引くことになります。これを源泉徴収と言います。この報告にあたるのが、源泉徴収票です。
年収が2000万円以上の会社員などでなければ、会社が年末調整をするので、この他に確定申告をする必要はありません。

では、確定申告とは何なのでしょう。
確定申告とは1年間の所得を計算し、税務署に納税額を申告する手続きのことです。

年収が2000万円以上でなければ、確定申告の必要はないと説明しましたが、確定申告が必要な人の中には、副業をしている人が含まれるのです。
副業をしていて、副業の所得が20万円以上になる場合は、確定申告をする必要があります。確定申告で所得税の金額を確定させ、実際に収めた税金と申告した内容によって、税金を追加で払ったり、もしくは戻ってきたりすることになるのです。

では、確定申告について詳しく見ていきましょう。
まず、確定申告は毎年2月16日から3月15日までの間に、前年の所得を計算し、税務署に申告します。
申告は国税庁のホームページからネットすることもできます。
申告の際に考えなければいけないのは、所得の種類です。行っている副業によって異なります。
例えば以下のように、副業の種類によって、所得が分類されます。
・給与所得
副業で会社や店舗でアルバイトをしている。
・譲渡所得
副業で株取引をしていて、株の売買によって利益が生じた。
・配当所得
副業で株取引をしていて配当金を得た。
・雑所得
副業でホームページの作成やライティング、広告やネットオークションで収入を得た。

種類によって申告方法が異なりますので、種類を理解することが必要です。
申告については、詳しくは国税庁ホームページの説明をよく読み、場合によっては税理士に確認をするなどして、正しく申告しましょう。

まとめ

時間の有効活用であり、気軽のできる副業ですが、所得の金額によっては、確定申告をする必要があります。正しく理解し、きちんと税金を納めましょう。

SNSでもご購読できます。