潔癖症の人にFXの副業がおすすめの理由を解説

おそらく、この記事を読んでいる方の多くの人は「潔癖症」だと思います。
潔癖症って結構ストレスがたまりますよね。汚い人とかみると、もう本当に話したくもないと思います。

そんな潔癖症の人には、実はFXの副業がおすすめです。
どうしてFXの副業が潔癖症の人にはおすすめなのでしょうか?
詳しく解説をしていきたいとおもいますね。

まず、潔癖症の人の特徴の一つとして挙げられるのが、「細かい事が気になる」という点です。
潔癖症の人の多くは、清潔な事関連以外でも、細かい事が気になるという性格をしている方が多いように思います。
それはなぜかと言うと、やはり潔癖症から来ているもので、普段から汚い物を避ける傾向があるため、細かい所に目を配りやすくなっているのだと思います。

実は、この「細かい事が気になる」というのも、FXでは非常に重要な要素なんです。
FXは、常に値動きをしています。そして、その値動きには、もちろん多くの理由が絡んでいるのです。
特に大きいのは、社会的な影響ですね。

例えば、アメリカでどの大統領が当選した。だとか、アメリカと中国の関係が悪くなっただとか、そういった社会的な動きですね。
しかしながら、それはあくまでも「大きい動き」の時です。
小さい動きの時は、より「小さな事」が原因で、値動きをします。
そのため、細かい事が気になるという人は、FXでは勝ちやすい傾向にあるのです。

特に、大きく勝てるというよりは、小さく少しずつ勝つイメージですね。
こういった細かな動きを正確に予測できる人は少ないので、勝ちやすいのです。

例えば、FXでは「大損する」とか「大儲けする」というイメージがあるかもしれませんが、実際はそれだけではなく小さな損失や小さな儲けというのが、利益獲得のために大きく関わっています。
ほとんどの人は、この「大損」とか「大儲け」とかを目指すのですが、実際に稼げている人ほど、大儲けしているわけではなくて、小さな勝ちを積み重ねているだけであったりします。
逆に、大儲けしようとしている人ほど、大損してしまう傾向があるのです。

そのため、小さなお金をいかに大切に扱えるかというのが大切になってきます。
たった1万円と思っていても、それが塵も積もれば100万円になりますよね。
これが利益ならば良いですが、損ならば大変なことです。
100万も損を出してしまったら、取引できる金額は大幅に減りますし、より一層不利になってしまうのです。

潔癖症の人は、ぜひFXをやってみてほしいと思います。

SNSでもご購読できます。